メタボ健診は40歳〜74歳が対象となる特定健康診査および特定保険指導のことで、2008年4月から全国で実施されます。

メタボ健診は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)や生活習慣病など欧米化が進む食生活や運動不足が原因で増えている問題に対する対策として、健診と改善のための指導を目的として実施される総合的な健康診断です。

一時マスコミなどで、男性85センチ以上、女性90センチ以上という腹囲の基準が取り上げられ大きな注目を集めたので「メタボ健診」という言葉はみなさんご存知だと思います。

メタボ健診は、国民保険に加入している方の場合はお住まいの自治体で、サラリーマンなど企業にお勤めの方は職場の健康診断とあわせて実施されます。

40歳〜74歳の健康保険加入者は必ず受けなければならないことになっていて、健診の結果で基準値を上回る場合には指導が与えられます。

メタボ健診の検査項目は、マスコミを賑わした腹囲の他に血圧、血糖値、コレステロール値になっていて、それぞれに基準値が設けられています。

でもこのメタボ健診の義務化、異論を唱えている人は多いようです。

そもそも体型は人それぞれ、極端にいえばひとつの個性ともいえるものなので、それを国からの指導で管理するというのは少々行き過ぎではないかということのようです。

確かに仰ることはごもっともだとも思えるのですが、ここ十数年の日本の抱える問題(食生活の欧米化や運動不足)を考えると、肥満体質や隠れ肥満に対して何らかの対策が必要だといえます。

肥満は様々な病気の原因にもなってくる、健康とは対極に位置する状態なので、予防や改善をする上では義務化も止むを得ないのかもしれません。

自分の健康管理、体型管理をきちんと意識して生活する国民が多ければメタボ健診の義務化なんて必要なかったのかもしれませんね。

でも実際には、意識はしていても誰かが指摘しないと体質改善を行えない人が多いのが現状です。

メタボ健診は、メタボリックシンドロームや生活習慣病への対策としてだけではなく国民に対して健康や体型、体質を管理することの必要性・重要性を問いかけるものなのかもしれませんね。

余談ですが、メタボ健診は生活習慣病やメタボリックシンドロームへの対策として導入される「健康診断」です。

インターネットなどで検索すると「メタボ検診」として掲載されているページが結構見つかります。

メタボ検診だと特定の病気かどうか検査することになってしまうので、ちょっと意味が違いますよね。

パソコンの変換なども、最初に出てくるのが「メタボ検診」なので勘違いしがちですが、正しくは「メタボ健診」です。

間違えると恥ずかしいのでしっかり覚えておきましょうね。



カテゴリー

メタボ健診 内容
メタボ健診の内容について解説します。
メタボ健診 義務化
メタボ健診はなぜ義務化されたのでしょうか。メタボ健診が義務化された背景や義務化によってどんな影響があるか解説します。